• 大成_トップ画像 インタビュー
    株式会社大成 はこんな会社です!
    2018年09月19日
  • 長豊建設社長 インタビュー
    長豊建設株式会社 はこんな会社です!
    2018年09月19日
  • 環境計画 インタビュー
    株式会社環境計画 はこんな会社です!
    2018年09月19日
  • 登喜和冷凍食品 インタビュー
    登喜和冷凍食品株式会社 はこんな会社です!
    2018年09月19日
  • ニシザワ社員 インタビュー
    株式会社 ニシザワ はこんな会社です!
    2018年09月19日
  • 三洋グラビア_トップ画像 インタビュー
    三洋グラビア株式会社 はこんな会社です!
    2018年09月19日
  • テーケー インタビュー
    株式会社テーケー はこんな会社です!
    2018年09月19日
  • 井坪工務店全体写真 インタビュー
    有限会社井坪工務店 はこんな会社です!
    2018年09月19日

自分で決める

まずはじめに

これから始まる就職活動。
たくさんの企業の中から、社会人生活のスタートをする会社を1社決めることになります。

世の中に色々な会社がありますので、どの会社を選んだらいいのか迷うこともあるかと思いますが、
1つ言える事としては

「すべての人に100%合う会社はない」

ということです。

Aさんにとっては良い会社が、Bさんにとっても同じように良い会社であるとは限りません。
なぜなら私達はひとりひとりみんな違うからです。

そう言われると「なんだか難しそう」と思われるかもしれませんが、
このページではそのときに役立つ方法を1つご紹介します。

ご紹介する前に、まずは今の求人がどんな状況か見てみましょう。

就職は「売り手市場」

「売り手市場」という言葉をご存知でしょうか?
簡単に言うと、企業は人が足りないので、就職において学生の皆さんが有利な状況ということです。
(逆に企業側が有利な状況を「買い手市場」といいます。)

2018年3月に高校卒業学生の就職内定率は94.3%となっており、
調査開始以来過去最高の数値となっています。
(2017年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・就職内定状況」(1月末現在)調べ)

企業からたくさんの求人が出ており、皆さんはたくさんの選択肢の中から選ぶことができます。
やるべきことをきちんとやっておけば、内定の心配をすることはありません。

面接のコツ、履歴書の書き方などは進路担当の先生に相談し、アドバイスをもらいましょう。
以下の記事も参考にしてみてください。

面接のコツ
2017.7.31
まずはじめに・・・ この記事は採用面接に臨もうとしている、または臨む予定の高校生の皆さん向けに書いています。 皆さんは面接と聞くとどのようなイメージを持ちますか? などなど、人それぞれ持っている印象は様々だと思います。 大卒向けの採用面接は複数回実施するのが基本なので、自分をアピールする場面が多くあ...…
履歴書の書き方
2017.7.25
まず始めに・・・ 皆さんが学校の先生・保護者の方と話し合いながら応募先企業を決定した際には、2種類の書類を応募企業宛に提出しなければなりません。 1つが、2つめがこれから説明するです。 履歴書に関しては国からフォーマットが指定されています(全国高等学校統一用紙)。 このページでは皆さんが聞きなれな...…

でも、何よりも初めにやらないといけないことがあります。
それは、自分のしたい仕事を決めることです。

仕事はたくさんある

皆さんの高校にはたくさんの企業からの求人票が山のように届いています。
たくさんの企業が皆さんと一緒に働きたいと思っています。

せっかく選べる状況にあるのですから、自分の希望する仕事を選びたいですよね。
でも、自分が「何をしたいのか」を明確に出来ているでしょうか?

自分の「やりたいこと」を明確にしよう

たくさんの求人票の中から1つを選ぶのは皆さんです。
選ぶためには、何かしらの決め手が必要です。

給料、知名度、会社の場所など、色々な条件はありますが、一番優先するべきは
皆さんの「やりたいこと」のはずです。

こんな仕事をしたい、こんな雰囲気の会社で働きたい、こんなふうに成長したいなど、希望を明確にすることが大切です。

どうやってやりたいことを見つけるの?

自己分析という言葉があります。
簡単に言うと、「自分を知ること」です。

自分はどんな人間なんだろう
何が好きなんだろう
何が嫌いなんだろう
ゆずれない価値観ってなんだろう

こうやって自分を分析してみて、自分の価値観を明確にする作業を自己分析と呼びます。

自分の価値観がしっかりと決まり、それに合った仕事ができれば
毎日楽しく働けますし、辛いことがあっても乗り越えることができます。

逆に、自分の価値観と合わない仕事を選んでしまうと毎日がつまらなくなってしまいます。

自己分析はそれくらい大切なことなのです。

どうやるの?


色々な方法がありますが、今回は簡単なものを1つご紹介します。

ステップ1 自分の過去を振り返って自分史を作る

覚えている限りでいいので、自分の過去を振り返ってみましょう。習い事やスポーツを始めたタイミング、好きだったこと、今でも続けていること、
嫌いですぐに辞めてしまったこと、友達に怒ってしまったこと、楽しかった行事、辛かったことなどを思い出し、年表を作ります。
どんなものでもOKです。悩まずにたくさん書き出してみましょう。

ステップ2 自分の感情と結びつける

次にそれぞれの項目で自分がどんな気持ちになったかを書き足しましょう。
細かい感情まで思い出せない場合は、テンションが上ったか/下がったかだけでもいいです。

ステップ3 「なんで?」と自分に問いかける

「うれしかった」「悲しかった」「テンションが上った」「テンションが下がった」など、
その時の気持ちを書き足したら、最後に「その時なんでそういう気持ちになったのか?」と自分に問いかけます。

この辺りから少し難しくなってきますが、自分にしか分からないことなので諦めずにやってみましょう。

NGな例

「小学校の頃、地域の野球大会で優勝してテンションが上った」

「優勝したからテンション上がるのは当たり前」

これだとNGです。もっと深く探る必要があります。

OKな例

「小学校の頃、地域の野球大会で優勝してテンションが上った」

「ツラくて辞めたいと思ったこともあったけど、やっぱ頑張ってきてよかった」

「なんでツライのに続けられたんだろう。」

「チームのみんなが居たからかな。」

「そういえば、作った自分史を見てみると一人でやることよりチームでやったことでテンション上がってるな」

「もしかするとチームのみんなで協力して何かを達成するというの自分の価値観なのかも」

「ってことは、チームプレーを強く感じられる仕事が向いているのかもしれない」

ステップ4 他の項目も分析してみる

自分史に書いた他の項目でも同じように分析をしてみます。
何回も違う項目を使って、同じように振り返ってみることが大切です。

プラスの感情/テンションが上った項目では、自分のモチベーションが上がるポイントを見つける事ができます。
マイナスの感情/テンションが下がった項目では、自分のモチベーションを下げるポイントを見つける事が出来ます。

モチベーションが上がるポイントが多く、下げるポイントが少ない仕事を選べれば、毎日楽しく働けるはずです。

一番大切なのは自分の想い!

雇用形態
ここに挙げた方法以外にも自己分析には色々なやり方があります。
また、友達や両親など、自分の事をよく知っている人に聞いてみることも有効です。

自分のやりたいことをしっかりと明確にして、それを実現できる企業を選びましょう!
一番大切なものは自分の想いです。

就職サポートの関連記事
  • 高校生が就職活動前に一番にやるべきことって?
  • 保護者の皆様へ
  • 就職活動の流れ
  • 求人票の見方その1
  • QA
    就職活動のQ&A
  • 高校生が知っておくべき資格7選
おすすめの記事
就職サポート
まずはじめに 皆さんは”求人票”という言葉を聞いたことがありますか? 求人票は「職業安定法によって定められた労働条件を明示した書類」というよ...
就職サポート
まず始めに・・・ 皆さんが学校の先生・保護者の方と話し合いながら応募先企業を決定した際には、2種類の書類を応募企業宛に提出しなければなりませ...
テーケー
インタビュー
株式会社テーケーさん 社長からのメッセージ さん 会社の特徴を聞かせてください。 当社は特有の技術によって、顧客、社会に奉仕しております。自...
就職サポート
まずはじめに 今回は、についてご説明します。 部活動に入っている方は、先生や目上の方から礼儀・マナーを厳しく指導されている方もいらっしゃるか...